おすすめ一般NISA投資本|NISAを始める前におすすめの本3冊のご紹介

青木博史
青木博史

1.投資初心者におすすめ!一般NISAの本

NISAについて、なんとなくやってみたいけれど、
やり方も仕組みもはっきりとは分からないから始められない…という人に向けて

この記事では、誰でも簡単に一般NISAを始められるようになる入門書を3冊ご紹介します。

長期的な資産形成にも役立ちます!
投資初心者の方や、NISAを始めたいと思っている方におすすめです。

 

1-1.一般NISAとは

一般NISAとは、一般NISA口座で新たに取得した上場株式や株式投資信託等の
「配当金・分配金・譲渡益」が最長5年間非課税となる制度です。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

2.つみたてNISA関連本の紹介

そもそもNISAの制度自体がよく分からない!
つみたてNISAとNISA、どっちがいいの?
どこの金融機関でNISA口座を開設したらいいのかしら?

…など、始める前は、不安がいっぱいです。

つみたてNISAは、投資初心者が投資を始めるための良いチャンスです。
不安を解消させたら、小額からの投資を始めましょう!

 

2-1.NISAがまるごとわかる本 2021 (三才ムック)

NISAとは一般個人投資家のための税制優遇制度です。 最大で、一般NISAなら毎年120万円×5年=600万円、つみたてNISAなら年額40万年×20年=800万円もの資産運用の利益分が無税になります 。安定的に資産を増やす運用方針が主流となっているなか、コロナ禍による金融市場の乱高下にもかかわらず、含み益を確保している例が多くなっていることからも、あらためてNISAのメリットに注目が集まっています。そんなNISAの制度を十分に理解し、投資に必要な知識と心構えをまとめたのが本書です。(amazonより)

【オススメポイント】

NISAの基本についてわかりやすい解説が、投資初心者向けのムック本です。
NISAとイデコの組み合わせや、つみたてNISAの違い、出口戦略まで充実した内容になっていますので、
一般NISAとつみたてNISAのどちらを選ぶかなどの参考にされると良いと思います。

 

【オススメ度】 ★★★★☆(星4つ)

 

2-2.日本一やさしいNISAの学校【最新版】

2016年1月~の大幅改訂に対応。NISAの利用法から100%活用術まで詳しく解説。(「BOOK」データベースより)

 

【オススメポイント】
とってもやさしいNISAの入門書です。難しい言葉もなく、わかりやすい図解で
投資信託や、株などの基本的な話が書かれています。
投資に対して、苦手意識のある方はぜひこちらの本を始めの一冊にされると良いと思います。

 

【オススメ度】 ★★★★★(星5つ)

 

2-3.じっくり派もお手軽派も 必ずトクする!NISA入門 

こちらもNISA入門として、とっても丁寧でわかりやすい本です。
カラフルな漫画での解説も親近感があって特に、投資初心者の方には読みやすいと思います。
NISAからつみたてNISAに切り替える時の注意点など、始める前に知っておきたいことも
丁寧に書かれているので、おすすめです!

 

【オススメ度】 ★★★★★(星5つ)

 

<関連記事:一般NISA>

一般NISA|お得な非課税口座の種類|資金があるなら一般NISA口座を開設しよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です