読んでよかった!資産運用の勉強に役立つおすすめ投資本!厳選5冊

青木博史
青木博史

1.資産運用を始めたい人は本でお金・投資の勉強をしよう!

あなたは資産運用を始めていますか?

投資初心者やお金に関する勉強をしていない人には、「資産運用」と言われても

なんのことやら分からないものです。

どういう事をすると資産運用になるのかについては

本でしっかりお金の勉強をして、知識を手に入れるのが近道です。

 

もし、これから資産運用について勉強したいと思うなら、まずは本で勉強をしましょう。

そして、本で学んだことを実践し、資産運用の経験を積み重ねていくことが大切です。

 

今回は資産運用を始めたい人に向けて、資産運用の勉強に役立つおすすめの投資本についてみていきたいと思います。

 

2.読んでよかった!資産運用の勉強に役立つおすすめ投資本!厳選5冊。

この章では、多くの投資本の中から、特に…

読んでよかった!

ためになった!

資産運用の役に立った!

と思える本を厳選して5冊ご紹介します。

まずはあなたのお金に対する理解を深めること。

それが資産運用を始めるための第一歩になります。

是非、まずは一冊手に入れて読んでみてください。

 

2-1.金持ち父さん貧乏父さん ロバートキヨサキ著

金持ち父さん貧乏父さん

オリエンタルラジオ 中田敦彦さん「YouTube大学」で紹介、大絶賛!
「正直むちゃくちゃ面白かった。するする読めるし分かりやすい。
お金に関してちゃんと勉強しないってことがいかに辛く惨めな人生の始まりかということを叩きつけてくれる。」

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。
変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版。

□最初に読むべき「お金」の基本図書
毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。
そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から20年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。

その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。
「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。
日本やアメリカのみならず、本書が刊行された2013年時点で51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。(amazonより)

 

2-2.やってはいけない資産運用 山崎元著

ファンドラップにロボアド、外貨預金……。しかし、契約するのはちょっと待った!
銀行や証券会社から「有利ですよ」「増えますよ」といって勧められるさまざまな金融商品には、
「絶対にやってはいけない」ものが数多くあるのです。
本誌は、経済評論家の山崎元さんが「やってはいけない」資産運用をその理由とともに解説する、
マネー実用ムックです。もちろん「資産運用の正解」も解説します。もう金融機関にだまされない!(amazonより)

 

 

2-3.投資で一番大切な20の教え ハワード・マークス著

■成功する投資哲学とは?
本書は成功した投資家が教える投資のノウハウ本ではありません。

著者が強調するのは投資の難しさです。

しかし、その難しい投資の世界で市場に40年以上にわたって勝ち続けてきた著者が語る哲学に満ちた本書は、
投資の基本書として古典となりうる珠玉の名言に溢れています。

市場の見方、リスクの捉え方、市場コンセンサスとは別の見方をする「逆張りの思考法」、
ミスプライシングが起こる非効率市場の見つけ方など、根本的かつ重要な投資哲学が1冊に!(amazonより)

 

2-4.ウォール街のランダム・ウォーカー バートン・マルキール著

◆全世界で読まれている「投資のバイブル」

1973年の初版以来、全米累計150万部を超え、
「投資の名著」として絶賛されるベスト&ロングセラー、
A Random Walk Down Wall Streetの最新版。

本書の主張は「インデックスファンドへの投資がベスト」というシンプルなものだが、
類書と異なる点は、なぜ他の投資方法がインデックス投資に比べて劣っているのかを、
データを示してしっかり論じているところだ。

過去のデータを鑑み、アクティブファンドの長期リターンが市場平均を下回ることを証明し、
「猿がダーツで選んだポートフォリオを運用するのと等しい」とこき下ろすあたりは、読んでいて痛快かつ明快である。

硬派な内容でありながら、数式はほとんどなく、グラフや表を多用しており、初心者にも理解しやすくなっている。

間抜けなテクニカル分析手法やチューリップからITに至るバブルの話など、読み物としても面白く読める。(amazonより)

 

2-5.敗者のゲーム チャールズ・エリス著

投資で成功するというのは、難しい証券分析などの専門知識や経験を身につけることではなく、ましてや短期的に市場を出し抜こうとすることでもない。

市場平均利回りを上回る(=市場に勝つ)ことがきわめて難しくなった今、
最も簡単かつ結果の出る方法は、インデックス・ファンドを活用することである。

全米累計100万部を超えるロングセラーの最新版。

プロ・アマ問わず幅広い投資家に向けたメッセージとして、時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブル。

 

3.読んでよかった!資産運用の勉強に役立つおすすめ投資本!厳選5冊。のまとめ

この記事では資産運用の勉強に役立つ投資本をご紹介しました。

投資の正しい情報は、インターネット検索だけではどれを信じていいのか分からない点でなかなか手に入れるのが現実です。

これから資産運用の勉強をお考えの方は、まずは本を読んで勉強してください。

さらに、本で勉強したことを実践しながら、その本の関連でネット検索などをして情報を集めるなどしていくと、
安全に正しい知識が得られ、資産運用についての理解も深まります。

一度だけではなく、経験を積み重ねながら何度も読み返して知識を身につけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です