投資に潜むリスクの真実とリターンを得るために必要な4つの秘訣

青木博史
青木博史

将来のために投資の必要性を感じてはいるものの、リスクについて考えてしまい、なかなか踏み出すことができない方は非常に多くいらっしゃるように感じます。

多くの方にとって投資は未知の世界であり、未知のものに対して不安を感じることは当然のことであるとともに、必要な感覚でもあります。

しかしこの記事をお読みになっている方は、投資のリスクに対する不安を解消し、現状を変えるための一歩を踏み出したいと考えていらっしゃると思います。

投資におけるリスクが一体どのようなものなのかを知ることができれば、リスクとうまく付き合うことが可能になります。

以降で解説するリスクについてご理解いただくことで、リスクとのうまい付き合い方を身につけ、リターンを得られるようになって頂きたいと思います。

1.投資リスクの正体

投資に対して関心はあっても、リスクを考えてしまってなかなか手が出せない方が大半であるのが実情です。

では、あなたが不安に感じる投資リスクとは一体なのか、イメージではなく正体をご存知でしょうか?

先入観にとらわれずに投資リスクの正体を知ることが、お金や将来に対する不安を抱えているあなたの現状を変える一歩となります。

1-1.投資のリスクとは何なのか

投資におけるリスクとは何だとお考えでしょうか?

このような質問をすると、金銭的に損をすることを思い浮かべる方がほとんどです。

確かにそれも正解ではありますが、リスクとは金銭的に損をすることだけではありません。

リスクには、投資にかける時間や労力も含まれているのです。

1-2.投資のリスクに高低はない

投資のリスクは大きく分けて、金銭的な損と、時間と、労力の3つと考えることができます。

これらのリスクは初心者も経験者も関係なく、誰でも平等に背負うものです。

また、利益を得る時にはできるだけリスクを避けることが一般的ですが、投資においてはリスクも含んでリターンを得ることが当たり前となります。

従って、本来リスクに高いも低いもないといえます。

 1-3.投資には取るべきリスクがある

投資で利益を得るためにはリスクも含むことを承知する必要があるとしても、リスクはできるだけ軽減したいと考えることが普通です。

特に、金銭的リスクは誰でもできるだけ回避したいものです。

金銭的リスクは、取るべきリスクを取ることでいくらか軽減することが可能です。

 2.投資リスクの真実

投資リスクは全て悪いことのように感じられるかもしれませんが、最も避けたい金銭的なリスクを軽減するために必要なリスクもあります。

リスクを回避したいのに、リスクを敢えて取るのは何故なのか?

その疑問に対する答えである、投資リスクの真実について解説します。

 2-1.一番の投資リスクは不透明性

投資における一番のリスクは、不透明性です。

投資は運や感情などに任せて取引をするほど不透明性が高くなり、その分金銭的に損をするリスクも高くなります。

従って、投資家はこのような不透明性をクリアにするために、情報収集は欠かさず行い、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などのテクニックを駆使しています。

これらは経験豊かで実力のあるトレーダーほど高い力を持っている傾向があり、リスクを軽減することにも長けている傾向があります。

 2-2.リスクを軽減するためのリスクをとる

投資の一番のリスクである不透明性を緩和する、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などといったテクニックは、多く手法が存在しているとともに、投資の経験を積み重ねることで適切に扱うことができるようになります。

これらの投資の不透明性をクリアにする力は一朝一夕でつくものではなく、本当の実力を身につけるには時間と労力が必要です。

つまり、投資におけるリスクである「時間」と「労力」を取る必要があり、それができてこそリターンを得ることができるのです。

 3.投資でリターンを得る4つのポイント

投資はビジネスと変わりはありません。

ビジネスがあらゆるリスクを考慮したうえで成功するためにはどうすればいいか考えるように、投資はリスクも含むことを考慮したうえで、いかにリターンを得るか考えることが不可欠です。

投資はこの考え方を踏まえつつ次に解説する4つのポイントを押さえることで、リターンを得やすくすることが期待できます。

3-1.投資の基礎力を鍛える

あらゆる分野において、基礎は全ての土台となります。

これは投資においても例外ではなく、投資やお金の理解を深めて基礎力を鍛え、投資家として洗練されていくための土台を作ることが非常に重要です。

基礎固めが十分でなければどんなにテクニックを上乗せしても、何か問題が発生すると簡単に崩れてしまいます。

投資は小手先のテクニックでリターンを得られるほど甘くはありません。

急がば回れというように、まずはしっかりと投資の基礎力を鍛えて、丈夫な土台を作りましょう。

3-2.投資のテクニックを身につける

投資の基礎力がついて土台ができたら、いよいよテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などのテクニックを乗せてしていきます。

しっかりとした土台を作れていれば、投資家としてレベルが上がっていくに応じて必要な知識を深めたり広げることができるとともに、テクニックをより洗練されたものにしていくこともできるようになります。

 3-3.継続して実践する

投資の基礎力をつけ、テクニックを上乗せした後にやるべきことは、とにかく実践を積み重ねることです。

自身の投資手法における仮説を立て、その仮説に基づいて実践し、実践結果を検証するPDCAサイクルを継続して回しましょう。

そうやって長期にわたってコツコツとPDCAを回し続けることで、成功する投資家の必須条件である、自分の投資スタイルを確立することができます。

3-4.成功の一番の近道は経験者に教わること

先ほど述べた通り、投資はビジネスと同様であることから、ネットや本などを利用して自力でノウハウを蓄積するよりも、経験者からノウハウを教わる方が比較的早く投資の力をつけることができます。

つまり、投資の経験者に教わることは、「時間」と「労力」のリスクも軽減できることにつながります。

以上のことから、投資で成功するためには経験者からノウハウを教えてもらうことが、最も効率の良い方法であることを覚えておいてください。 

4.まとめ

リスクを注視する姿勢は重要ですが、投資におけるリスクとは本来高いも低いもなく、ましてやゼロにするものでもありません。

また、ハイリスクハイリターンという言葉があるように、ある程度のリスクも加味したうえでリターンを得るものでもあります。

このことを理解したうえで、回避するべきリスクと、ここぞという時に取るべきリスクを見極める力が非常に重要となります。

この記事をお読みいただくことで投資におけるリスクの本質をご理解いただき、リスクとのうまい付き合い方を身につけつつ、お金や将来の不安が解消されるほどのリターンを手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です