貧乏と縁が切れない人の特徴と、貧乏から脱却できるお金持ちの特徴

青木博史

 

真面目に働いているのに、なぜ自分は毎月のようにお金に悩んでいるのだろうか?お金持ちと何が違うのだろうか?

もし、あなたがこのような悩みを抱えているならば、貧乏になる特徴を持っている可能性が高いと考えられます。

貧乏に特徴なんてあるの?と驚かれたかもしれません。

また、もし本当にそのような特徴があるのなら、その特徴を知ってお金に悩む生活から解放されたいと思われたのではないでしょうか?

あなたの希望を叶える手助けとなるように、貧乏になる人の特徴と、お金持ちが共通して持っている特徴について解説していきます。

1.お金に悩む人とお金持ちの違いをご存知ですか?

月々の支払いや、貯蓄などの心配をしなくて良いほどのお金が欲しいと、多くの方はこのように考えていらっしゃると思います。

そして世の中には、このようなお金の悩みとは無縁の方も確かに存在しています。

同じ人間なのに、なぜ人によって差が生じるのでしょうか?

まずは、この疑問についてお答えしていきます。

1-1.なぜお金に悩む人がいるのか?

皆同じように真面目に働いているはずなのに、なぜお金持ちになる人と、お金に悩む人がいるのでしょうか?その違いとは一体何なのでしょうか?

この疑問に対する答えとして、特徴の違いが挙げられます。

一見皆同じように働いていると見えるかもしれませんが、実は目に見えない部分や、気づきにくいところで大きな違いがあります。

その違いが、お金に悩むか、それともお金に好かれるかを大きく左右します。

1-2.貧乏の特徴がある限りお金持ちにはなれない

お金に悩みが尽きない人は、貧乏になる共通の特徴を持っている可能性が高いといえます。

その特徴に気づかずにいつも通りの生活を送っている限り、お金の悩みから解放される望みは薄いと考えられます。

では、貧乏になる人の共通の特徴は、どこにあるのでしょうか?

1-3.貧乏の特徴は習慣にある

私達は皆平等に、同じ時間を過ごしています。

その同じ時間を人によって違うものにしているものは何かというと、それは習慣です。

この習慣によって、お金に悩まされるか、お金持ちになるかの違いが生じてくるのです。

つまりお金に悩む人には、お金を持っている人とは決定的に違う特徴的な習慣があるということになります。

その特徴的な習慣とは何なのか、次の章で確認していきましょう。

2.貧乏な人に共通する特徴的な4つの習慣チェックリスト

お金に悩まされる人が持っている特徴的な習慣は、大きく分けて4つに分けることができます。次にチェックリストを挙げているので、あなたが日常的に行っている行動と照らし合わせてみましょう。

チェックリストに当てはまれば当てはまるほど、貧乏には縁があるけれど、お金持ちには縁遠いといえることになります。

2-1.目先のことに囚われやすい

目先の問題やお金に囚われやすく、お金を使うべきところで財布の紐を締めてしまう傾向が強い人は、自己投資の機会や現状を変えるチャンスを逃しやすく、結局現状を変えることができないケースが多く見受けられます。

物事を判断するには短期的な目線と長期的な目線が必要であり、お金持ちの人は両方を持ち合わせている人が多い一方で、お金に悩む人は長期的な目線で物事を見る力が弱い印象があります。

2-2.できない理由を探す

行動しなければ、現状を変えることはできません。

そんなことは分かっていると考えていても、次のようなことを言ってはいませんか?

「でも、時間がないからできない」

「でも、お金がないからできない」

これらのように、でも、でも、とできない理由ばかり探して結局行動しない人が大半です。

できない理由をつけて行動をしていないので現状は変わらず、お金に悩まされるこれまでと変わらない日々が続くことになります。

2-3.楽をしてお金を手に入れたい

お金持ちの多くは、リスクとリターンは表裏一体であることと、楽をして手に入れた利益ほど脆いものはないことも知っています。

従って、本当にお金に好かれているお金持ちは時間と労力というリスクをとり、お金を引き寄せる力を身につけています。

逆にお金に悩まされる人は時間と労力を掛けるリスクを嫌がり、楽をして短時間でお金を手に入れようとする傾向が強いため、お金を引き寄せる力がほとんどないといえます。

2-4.継続力が弱い

先の話とつながりますが、お金持ちは努力すべきところを心得ており、コツコツと継続して学ぶことでお金が集まる力を磨いている人が大勢いらっしゃいます。

一方で貧乏と縁がある人は、長期的に学ぶ努力を敬遠して楽をしたがるため、お金持ちに必須のスキルである継続力が弱いケースが大半です。

いかがでしょうか?

あなたは貧乏な人に共通している4つの習慣に、いくつ当てはまったでしょうか?

現状を把握できたところで、今度は逆に、お金持ちの特徴について確認していきましょう。

3.貧乏とは縁が薄いお金持ちの5つの特徴

自分が貧乏とどれくらい縁があるか、先に述べたチェックリストで把握したうえで、次に挙げるお金持ちの5つの特徴を理解していきましょう。

そして、この5つの特徴を真似して習慣づけていけば、お金の悩みから解放される希望が見えてくるでしょう。

3-1.時間の価値を知っている

時間は誰でも平等に1日24時間です。お金持ちはこのことを熟知している人が多く、限られた時間をいかに無駄にせず、いかに利益を得るかを常に考えています。

少しでも多くのリターンを得るためにも1分1秒を大切にするため、社会の大半を占めていると考えられるお金に振り回される人達とは、違う時間の使い方をします。

3-2.行動が早い

お金持ちは時間の価値を知っているので、できない理由を探してやらないよりも、できる理由を探して行動する価値も知っています。

できない理由を探す時間自体が無駄であるため、できる理由を早急に探し、決断した時は結果を得るために素早く行動します。 

3-3.お金の使いどころを知っている

ファミリーレストランや回転ずしなどに使うお金は惜しんでも、本当に美味しいお店や、自分の肥やしになるものには惜しまず使う傾向があります。

そのため、お金の流れの管理は徹底しており、特に支出に対しては厳しく、自分が無駄と思うところに対しては1円でも惜しむほどに財布の紐が固い人が大勢いらっしゃいます。

3-4.「ここぞ」という時は惜しみなくお金を使う

お金に好かれているお金持ちほど、投資すべきところにできるだけ多く投資してこそリターンが得られることを熟知しています。

そのため、損や無駄だと思うところにはお金を惜しんでも、「ここぞ」という時には一気に

出来るだけ多くお金をつぎ込み、多くのリターンを得る傾向が強くあります。

3-5.投資をしている

お金持ちは必ずといって良いほど投資をしています。ここでいう投資とは、資産運用のことだけではありません。

自身が成長するための自己投資や、限られた時間の使い方も含まれています。

お金は何かと理由をつけて成長する努力を怠る人よりも、自身の成長や実力を磨くために努力と時間を惜しまない人を好み、微笑みかけることを心得ているからこそ、投資の価値を知っているのです。

4.まとめ

貧乏は収入額や待遇だけが原因ではなく、自分自身の習慣の特徴に本当の原因が潜んでいるとご理解いただけたと思います。

自分の習慣の特徴が貧乏を引き寄せているのなら、その特徴を少しずつでも変えていけば、お金の悩みから解放されて、お金に苦労しない生活に転向することも可能だということです。

本気で現状を変えたいと考えている方は、お金持ちが共通して持っている特徴を参考にして、今すぐにでも自分自身を変えていく行動を起こしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です