投資初心者にこれだけは読んで欲しい!ロバートキヨサキの投資の本3選

青木博史
青木博史
ロバートキヨサキの投資本

1.投資初心者にこれだけは読んで欲しい!ロバートキヨサキの投資の本

投資をしたいけれど何から投資したらいいのかわからないとお困りの方は多いです。

投資といっても、たくさんの方法や考え方がありますので、よーいどん!で出来る内容でもないのです。

投資を始めるには、まずは投資の勉強をすること。
そして、「投資とは何か?」の前に、まずは「お金」に対しての考え方を知り、知識を増やす必要があります。

有益な知識を簡単に手に入れる方法は、成功した投資家の本を読むことです。

この記事では、起業家・教育者・投資家として世界中の数千万人のお金に対する考え方に疑問を投げかけ、「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏の簡単な人物紹介とともに、おすすめの本を3冊ご案内します。

1-1.ロバートキヨサキ氏とは

ロバート・トオル・キヨサキ氏は1947年生まれ、アメリカの日系4世です。

1997年に「金持ち父さん貧乏父さん」を執筆。「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズはミリオンセラーとなり、多くの経営者、ビジネスマンからの評価も高く、若いうちに読んでおいた方が良い本として推薦されています。

「貯金では金持ちになれない」と語るロバートキヨサキ氏のお金の哲学は投資を始めるなら必見です。中でも是非読んで欲しい本をご紹介します。

2.ロバートキヨサキの本の紹介

2-1.改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

金持ち父さん貧乏父さん

お金持ちに対する認識が、この本を読むことによって激変するような、ロバートキヨサキ氏のお金の哲学です。目から鱗な考え方は、投資を始める上でのヒントになる良書。

2-2.金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント : 経済的自由があなたのものになる

職業を4つのタイプに分類した上で、お金を得る方法やどんな仕組みで生きているのかといった人生・お金にまつわる「違い」があることを紹介しています。自分がどのクワドラントに所属していて、他のクワドラントとどのような違いがあるのかを自己分析することで、投資に対する思考が磨かれます。「金持ち父さん貧乏父さん」の次に読んでいただきたい本です。

2-3.金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる: 本当のフィナンシャル教育とは何か?

3冊目のこの本も学校では教えてくれないお金の教科書として、ぜひ手元に置いておきたい名著。資産運用や投資に興味のある方。実際にされている方。お金を増やしたい全ての方に読んでいただきたい本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です